カラープリンターは、書類から写真の印刷までが自宅で行えるため、所有している人が多いです。しかし、写真などをよく印刷するとインクカートリッジ代金がかさんでしまうのが頭を悩ませるところです。純正品であれば、書類から写真まできれいに印刷ができ、満足度の高い仕上がりになりますが、インク代を少しでもコストダウンしたいと考える人も多いです。その中で、最近は互換インクを使う人が増えてきています。互換インクの魅力は、なんといってもコストパフォーマンスの良さが挙げられます。純正品に比べて半額くらいの価格となりますので、よく使う人にとっては大きなポイントとなります。しかし、純正インクと互換インクには、価格以外にどういう違いがあるのでしょうか。また、互換インクを使う場合に気を付けたほうが良いことなどをまとめていきます。

純正インクと互換インクカートリッジの違い

純正のインクカートリッジは、なんといってもメーカーブランドであるという安心感があります。また、トラブルがあった時に、メーカーの保証期間内であれば、無料で修理をしてもらうことができます。反面、コストが高いために気軽に印刷するのがはばかられるという一面があります。それに対して互換インクカートリッジは、単価が安いため、コストパフォーマンスに優れており、気軽に印刷することができます。また、メーカーにもよりますが、純正品と比べても見劣りしない仕上がりの印刷になるものもあります。また、純正品に比べてインクの容量が多いものもあります。反面、トラブルがあった時は、メーカーの保証期間内でも無料で修理してもらえない可能性が高いです。メーカーによって、印刷の仕上がり具合や劣化度合いに差があります。

おすすめの互換インクカートリッジの選び方

互換インクカートリッジは、純正品に比べるとコストが安い点が魅力です。しかし反面、メーカーによって仕上がりや劣化具合に差があるため、互換インクカートリッジを選ぶ際にはランキングや口コミなどを参考にすると良いでしょう。ランキングや口コミで人気の互換インクカートリッジの中には、インクだけでなく、プリンターの保証もしてくれるものがあります。一般的に、純正品以外のインクカートリッジを使用してプリンターがトラブルになった時は、保証が受けられません。その中で、プリンターの保証もしてくれるというのは注目すべき点です。ただし、これにはプリンターを購入してから1年以内という期限がついています。そのため、お値打ちのプリンターを購入して、互換カートリッジを用いて印刷していくという使い方もあります。