インクカートリッジとは、インクタンクに水溶性のインクが入ったもののことをいいます。インクカートリッジには、プリンターの会社が販売している純正のものと互換インクがあります。純正のインクは、しっかりとしたメーカーが製造販売しているものなので安心して使うことができるのですが、互換インクに比べると高価なのです。純正のインクカートリッジは、メーカーの保証が付いているのでトラブルが起こってもメーカーで対応してくれます。単価が高いため、気軽に何枚も印刷することができません。互換のインクカートリッジは、純正に比べて安いので気軽に印刷を行うことはできるのですが、純正に比べて色味も少し違ってきて、品質に差が出てきてしまいます。トラブルが起きたときに無償での保証がついていないのですが、オリジナルの商品になるのでインクの容量が純正より多いものもあります。

お財布に優しいインクカートリッジの比較について

そもそも純正インクは、なぜ高価なのでしょうか。プリンターのメーカーは、消耗品のインクカートリッジで売り上げを確保しようとしているため、高価になっているのです。非純正のインクカートリッジは、純正に比べて安くお財布に優しくできています。しかし、安いなりにデメリットも持っているのです。非純正品では、純正のインクカートリッジに比べてインク漏れが多発しています。純正のインクカートリッジでは、インク漏れはないのですが、非純正では、3割から5割ほどのインクカートリッジからインク漏れを起こしているのです。他にも印刷してから数時間経つと色あせが見られてしまうため、綺麗に印刷できても色あせてしまってはせっかくの印刷が台無しになってしまいます。他にもクリーニングの頻度が増えたりインクが詰まってしまったりとトラブルも多くみられるのです。

純正と非純正のインクカートリッジ実際にお得なのは

非純正のインクカートリッジは、安い代わりにトラブルも多く実際に使用するとどちらがお得なのでしょうか。最近は、写真の現像も家のプリンターでできるのでお手軽に好きなときに写真を印刷する人が増えてきています。しかし、非純正のインクカートリッジで印刷をした写真は、物によっては印刷してしばらくすると色あせてしまうのです。写真は、長い間思い出として残しておきたいものなので色あせてしまうことはとても悲しいです。また、非純正のインクカートリッジを使用することでプリンターの本来の能力や性能を発揮することができないこともあります。その中でどちらを使用するとお得なのかというと、純正カートリッジの方が長い目で見たときにお得なのです。理由として、純正カートリッジは、トラブルが起こることが少ないため、長い目でみると修理する費用も必要ないためお得なのです。