オフィスや家庭でよく使用されているプリンターですが、最近は年賀状や写真も自分でプリンターを使用して印刷するという人が多くなってきました。しかし、プリンターを使う頻度が高ければ高いほどインクの減りも早く、こまめにインクカートリッジを取り換えなければいけません。プリンターを使う機会が少なくてもすぐに色がかすれてしまい、特定の色ばかり消耗してしまい、交換しなければ印刷できないこともあります。プリンターのインクカートリッジは比較的値段が高く、自宅であればなかなか取り換える機会も少なくなってしまいます。いざ使いたいときにインク切れ、かすれて印刷が汚くなってしまう、なんていうことも多々あります。そこで、取り換えにためらわなくても済む、お財布に優しいインクカートリッジをご紹介します。

市場に出回るインクカートリッジの違い

今や販売店に出向くまでもなく、インターネットでも簡単に購入することができるインクカートリッジは市場も大きければ、たくさんの種類が出回っています。一般的に使用されるインクカートリッジには、純正インクと非純正インクの2つの種類があります。純正インクとは、メーカーが独自に製作しているもので、それぞれのプリンターの特徴に合わせて最適につくられたインクです。メーカー保証が付きますが、値段が高いのが特徴です。非純正インクとは、プリンターのメーカー以外が製作しており、保証はありません。しかし価格は純正インクに比べると安く、大容量のものも販売されています。プリンターメーカーが製作しているものではないため、純正インクに比べると、インク漏れの割合が高く、混色してしまう可能性も高くなっているのが特徴です。

お得なインクカートリッジはどっち

市場に出回る2種類のインクカートリッジ。それぞれにメリット・デメリットがありますが実際にお財布に優しいのはどちらでしょうか。純正カートリッジは値段が高いことが特徴ですが、メーカー保証がありますので万一の際は交換してもらうことができます。また、プリンターメーカーが独自に製作しているものなので、かすれや不具合が起きにくく、一度購入すれば最後まで使い切ることができます。一方で非純正インクは、価格は安いですが保証がありません。万一不具合が起きれば買い直し、ということになってしまします。よって、長期間にわたって使用する場合は純正、すぐに消費してしまい保証がなくても良い場合は非純正が適しているといえるでしょう。どちらにしても、普段のプリンターの使用頻度やインクの消耗具合に合わせて適したインクを選ぶことが重要です。